‘’コールドプレス.com’’のスロージューサー厳選ランキング!

総合力で選ぶスロージューサーランキング!

Daiki
Daiki
ちゃんと絞れて掃除がラクなど、毎日使い続けやすいランキングです。毎日継続したい人は、この3機種の中で選ぶ方が毎日続けやすいですよ!
ヒューロムアドバンスド100
メリット 投入口が大きく、一気に食材を投入することが可能。

そしてヒューロム社独自の全く新しい機構を採用したことで、使用後の掃除が非常に簡単で短時間で行える。

デメリット 搾汁性能は他社製品と比べると高いが、絞るフルーツや野菜の種類によっては同ヒューロムのH-AAと比べて劣ることも。(ただし、ほとんど変わらない。)

また選べるカラーバリエーションの種類が、ジュースプレッソなどに比べて少ない。

搾汁性能
使いやすさ
(掃除のしやすさ)
回転数 1分間/43~48回
ヒューロムとシャープのジューサー比較
【ジューサー比較】ヒューロムVSシャープ、価格差4万円の違いとは!?1万円台で買えるシャープのスロージューサーと、約5万円のヒューロムの最新スロージューサーで何が変わるのか?搾汁量、洗いやすさを比較してみました。現状ではヒューロムアドバンスド100がオススメですが、その理由に関してチェックしてみてくださいね!...

販売ページ

ヒューロム H-AA
メリット スロージューサーの老舗、ヒューロムの看板的な大ヒットモデルH2Hジューサーの後継機種。

搾汁性能が非常に高く、他ジューサーと飲み比べると食材自体の味わいが濃い。

家庭用向けではナンバーワンの搾汁率。同社のH2Hジューサーに比べてもコスパで勝る。フローズンも可能。

デメリット 他メーカー製品と比べても、メンテナンス自体は行いやすいが同ヒューロムのアドバンスド100に比べると使用後の掃除は大変。
搾汁性能
使いやすさ
(掃除のしやすさ)
回転数 1分間/43~48回
クビンスホールスロージューサー(最新モデル)
メリット 非常に大きな投入口のため、食材をカットせずにそのまま投入することが可能。

搾汁時の下準備が楽で、作業のスピードアップが可能になった。

デメリット ヒューロムに比べると、搾汁性能はやや落ちやすいが食材をカットして投入することで、本末転倒ですが…やや改善される傾向。

野菜や果物を、カットせずにそのまま投入できることが大きなメリットだがメンテナンス性も従来のジューサーと大きな差はなく、掃除はやや面倒。

搾汁性能
使いやすさ
(掃除のしやすさ)
回転数 1分間/60回

販売ページ

圧倒的な搾汁性能で選ぶなら!

摂取できる栄養量に直結するポイントの、絞れる能力が高いジューサーを選びたいなら!

エンジェルジューサー AG7500
メリット 半業務用と言えすが、独自の3段階の絞りにより搾汁性能はヒューロムH-AAよりも非常に高く、ダントツでナンバーワン。

エンジェルジューサーで絞ったジュースは、誰が飲んでも分かるほど非常に濃厚な味わい。

また堅牢な作りとなっており安心できる。

デメリット インパクトはあるものの、横型ジューサーのため設置に場所をとってしまう。

稼働音もやや大きいため静音性を求める人には向かない。
業務用として使用するなら間違いなくオススメ。

搾汁性能
使いやすさ
(掃除のしやすさ)
回転数 1分間/80回転

販売ページ

コストパフォーマンスで選ぶランキング!

安さと性能のバランスで選んだランキングです。週に2,3回しか使わないライトユーザーに。

スロージューサー TSJ800-P
メリット シャープ・パナソニックなどに比べて、使いやすく低価格帯では一番オススメ!フローズンも作ることが可能。

投入口が大きいため、ザックリとしたカットでも絞ることが可能。(ただ搾汁性能は少し落ちる)

デメリット シャープヘルシオなどの搾汁回転数が1分間で32回転に対して、50回転とやや高速のジューサー。

メンテナンスに関しては従来のジューサーと同じ仕様で基本的には面倒です。

搾汁性能
使いやすさ
(掃除のしやすさ)
回転数 1分間/50回
ヘルシオ・ジュースプレッソ
メリット コストに優れており、カラーバリエーションも豊富でパナソニックと並ぶスロージューサー。

同価格帯では、他メーカーより低速回転。
(必ずしも低速が良いわけではない)

週に2,3回しか使わないライトユーザーにオススメ!

デメリット 低速回転ではあるものの…ややパワー不足、お手入れのしやすさはヒューロムなどに比べて大幅に劣る。

機種の値段違いによってフローズン対応のアタッチメントが付属。

投入時に食材は細かくカットする必要がある。

搾汁性能
使いやすさ
(掃除のしやすさ)
回転数 1分間/32回
ビタミンサーバー
メリット
コストに優れるシャープのヘルシオと並ぶジューサー。
手軽に買えるのが嬉しいが、現状では同価格帯のテスコムの方が、安いうえに使いやすい。
デメリット 基本的にはシャープのヘルシオと大きな差はないが、低速回転においてはジュースプレッソの方が優秀。

値段の安さではシャープヘルシオに劣る。また投入時に食材は細かくカットする必要がある。

搾汁性能
使いやすさ
(掃除のしやすさ)
回転数 1分間/45回

ヒューロムのスロージューサーを購入する時は!



ヒューロム製品を購入される場合は、代理店であるピカイチ野菜くんで購入すると5年保証+無農薬ニンジンなどの野菜・果物がついてくるのでお得です。
※特典は季節により変動するので、要チェック!

ピカイチ野菜くんで購入をオススメする5つの理由
  1. ピカイチ野菜くんはヒューロムの正規代理店でありAmazonとも販売価格は基本的に同じ。
  2. Amazonや楽天で購入すると保証がメーカーの1年のみになってしまう。ピカイチ野菜くんで購入すると自社メンテナンスセンターの保証により5年保証。
  3. 特典でスグに2リットル分のジュースが絞れる「無農薬にんじん3kg」「りんご3個」「レモン3個」がセット。
  4. ピカイチ野菜くんオリジナルレシピブックが付属。
    (ジューサー初心者にとっては、意外と嬉しいレシピブック。)
  5. 1週間使ってみて納得できない場合は返品可能。
    (アドバンスド100で納得できない場合は、クビンスPROかエンジェルジューサーくらいしか選択肢がないです。)

ピカイチ野菜くんの保証体制、メンテナンスセンターについては下記をご覧ください。

ヒューロム製品5年間の無償保証がスゴい。ピカイチ野菜くんメンテナンスセンター!ヒューロムのスロージューサーの修理、メンテナンスを行われているピカイチ野菜くんのメンテナンスセンターを見学させて頂きました。結論から言うと、ヒューロムはピカイチ野菜くんで購入する方が良いので理由を書きました。...